BLOG

日本食農連携機構東北支部 薬膳ゼミ

先日は、日本食農連携機構東北支部
第1回薬膳のゼミでした。

薬膳は、自分の農作物とは関係のないと思って
いるー農家さんが多いと思いますが、
薬膳は一般の食材を、
中国の長い経験則から
理論化した大切な考え方であること。

即効性を求める西洋医学より、
体の繋がりを深く考えていることなどが
分かりました。

全く聞いたことのない言葉が多く、
頭がものすごく疲れましたが、
辰巳先生の分かりやすい説明と、
にじみ出る優しい人柄がとてもいい雰囲気で学ぶことができました。

今回の先生の講義で学んだことは、
(講義を聴いて自分のまとめなので、正確ではありません)

・季節は5つの季節で考える。
 春、梅雨、夏、秋、冬
・季節ごとに邪気があり、邪気を取り除く
 体の五臓を薬膳の理論でよくする
・全ての食材には