BLOG

活動報告 3/9~3/15 「農事組合法人の経営」

今週も不安のニュースが飛び交う中でした。

家畜市場価格が暴落、給食の納品停止など
農家さんにも影響が出始めています。

弊社も数件の仕事がキャンセルになりました。

今週は、農事組合法人の経営相談4件を通して
感じたことに触れたいと思います。

1.3/9 月曜日

宮城県顧問先へ
今年度の事業計画(部門ごと)のシュミレーション
代表である長男に数値把握の植え付けと
園芸部門の価格交渉の意識をもっていただきました。

園芸の価格交渉は超ド専門ですので
力の見せ所です。

ねぎの育苗
発芽してからしばらくは、
毎日、被覆材の開け閉めで温度管理が欠かせないそうです。
P_20200309_134408

2.3/10 火曜日

宮城県で農事組合法人の経営相談3件

・農事組合法人の決算書は売上総利益からマイナスとなり、営業外収益、最後の従事分量配当後の損益で見る
・助成金を当該年度でもらうか、大豆の複数年収入の状況、基盤整備繰入、戻入、圧縮記帳の有無
 結構、複雑な決算書になります。
・これは、外部はもちろん、本人たちも自分たちの経営状況が把握できなくなっているように
 感じます。
・農業経営は、つねずね思っていますが、CF計算書が大事となります。
 損益計算書が複雑だからこそ、CF計算書で解説すると、皆さんがどうするべきか?
 分かりやすくなります。
・同じ農事組合法人でも、役員間の意識、後継者の有無、設備保有状況、地権者との関係性
 基盤整備状況で様々です。
・皆さんには、組織のリーダーとして、前向きに地域の農地を守ること
 一部の人だけで背負わないこと、足元の若手をあきらめずに声をかけること。
 10年先の経営シュミレーションをすることなどいろいろお話させていただきました。

 帰宅すると結婚記念日
 (実は忘れていた。)
 外食は控え、スシロー持ち帰りでお祝いしました。

3.3/11 水曜日

山形県高鼻町で経営相談2件

稲作+ケイオウ桜というパターンでいい経営されている方
稲作+農事組合法人
稲作は2本立てが大事だと改めて勉強になりました。

4.3/12 木曜日

顧問先で月次監査

5.3/13 金曜日

宮城県で昨年の台風関連の支援
本年、来年の復旧と資金繰りが回るか
しばらく支援を継続していきます。

午後は、また農事組合法人の経営相談

60代、50代、40代とそれぞれが役割をもち
いい組織でした。
40代がいると違います。

立派なライスセンターを見学させていただきました。
経営分析について
細かく共有しました。

大豆コンバイン
P_20200313_131927

ライスセンター
乾燥機1台で、約60aの乾燥能力
これで地域の50haをカバーしていける能力だそうです。

写真は籾すり機と奥は色選別機

P_20200313_132215

心臓部の色選別機
これが一番高いそうです。

P_20200313_132259

6.3/14 土曜日

午後から川崎町酪農の顧問先へ
来月から入社する新卒の受け入れ態勢について
皆で協議しました。

新人の立場から先輩の教え方が違うと混乱するので
まず、仕事項目ごとに役員、社員が仕事の作業を統一するところから
はじめることに

4/1 の入社式が今から楽しみです!

子牛の哺乳舎
新しくなっていました。

P_20200314_162608

7.3/15 日曜日

朝から太白区の街づくり評価委員
8件のまちづくり応募を皆で検討しました。

1日8件は疲れますが
いつもは一人で対応しているのが、委員5名でわいわいやるので
楽しいです。

街づくりに労を惜しまずに
取り組む方
それ自体で本当に素晴らしいと思います。

評価委員でなく、伴奏して見守る
そういうメンバーで助かります。

今週も忙しい1週間でした!

お問い合わせ

下記のフォームから*必須項目をご記入の上、お問い合わせください。
お急ぎの方は、お電話でお問い合わせください。

お問い合わせ種別*
その他 
御社名*
その他 
ご氏名(ご担当者名)*
メールアドレス*
電話番号*
ご住所*
ご相談内容/お問い合わせ内容*

内容をご確認の上、送信ボタンを押してください。

PAGE TOP

Copyright © HS経営コンサルティング株式会社. All Rights Reserved.